theatorical  unit  eureka

info- お知らせ -

2018.7.16

のねもとのりか 出演情報 芝居屋風雷紡 第十二廻公演「ロンギヌスの槍」(2018年8月 東京)

B8E832C8-B3BC-4BC3-889C-DD519A297AA639E9B204-FE4B-4189-8B08-5D4B762682B6

劇団員 のねもとのりか が出演致します。

1960年(昭和35年)に起こった、
17歳の少年が政治家をTV生中継の演説中に暗殺という、
昭和の大事件「浅沼稲次郎暗殺事件」を元に作られた作品です。

芝居屋風雷紡 第十二廻公演
「ロンギヌスの槍」
2018年8月15日(水)〜19日(日)
劇場:日暮里d-倉庫

【出演】
吉水雪乃(芝居屋風雷紡)
祥野獣一(芝居屋風雷紡)
山村鉄平(芝居屋風雷紡)
吉水恭子(芝居屋風雷紡)

高橋亮次
杉浦直(ノンストップエージェンシー/Teamかわのじ)
若松絵里
のねもとのりか(劇 えうれか/BESPOKE JAM)
尾形龍一
遠藤愛希
霧島ロック(ここかしこの風)

【タイムスケジュール】
8月15日(水)19:00
8月16日(木)14:00/19:00
8月17日(金)14:00/19:00
8月18日(土)14:00/19:00
8月19日(日)14:00

【チケット】
前売:¥3800
当日:¥4500
学割(要予約・要学生証提示):¥2000

のねもと扱い予約フォームはこちら
http://ticket.corich.jp/apply/93224/008/

【宣伝動画】
https://youtu.be/QiIY1CUs7EU
———————————————

書きたいのは裁きの場所。ひとが人を裁くということ。

共和党委員長、赤巌弥太郎が演説中に刺殺された。
犯人は17歳の少女。
少女の所属団体、愛心党の党首が疑われるが、少女は単独犯を主張。

ロンギヌスの槍を握っているのは、少女であり、そして私たちなのかもしれない。

2人の刑事が、事件の解明に乗り出す……。

なぜ事件が起きたのか?

なぜそこに「理由」が必要だったのだろうか?

すべてのことに「理由」を求めてしまうのはいけないことなのだろうか?

【スタッフ】
演出:横森文(トツゲキ倶楽部)
脚本:吉水恭子(芝居屋風雷紡)
舞台監督:HⅰRoE
美術:袴田長武
照明:大塚之英(大塚組)
音響:岡田悠
写真撮影:石澤知絵子
映像:川本啓(秘密結社K)
宣伝美術:吉水彩乃(芝居屋風雷紡)
制作:芝居屋風雷紡

芝居屋風雷紡 公演ページ
https://sekaiseihukunotabi.wixsite.com/huuraibou/blank-1